ホーム > 社会貢献活動 > ハンセン病制圧事業への協力について
社会貢献活動
ハンセン病制圧事業への協力について
 日本財団が行っているハンセン病制圧事業への協力につきましては、平成13年5月に笹川陽平理事長(当時)が、WHOハンセン病制圧特別大使に任命されたのを機に、選手会としても、一つの公益法人として直接社会貢献をしていくための良い機会として捉え、財団からの要請に積極的に協力したことが始まりであり、以降はプロスポーツ選手が団結して、組織的に、しかも継続して活動していくこととなりました。
 ハンセン病制圧事業への協力については、大きく分けて(1)全選手からの寄付金を主としている「日本モーターボート選手会口」と(2)チャリティーオークションの収益金をはじめ、SG競走優勝者や会員個々人からの寄付、支部チャリティーイベントからの寄付、肖像権の対価等による「チャリティーオークション他口」に二分され、選手会口は主に回復者子弟の教育支援に、オークション他口は主に回復者の生活環境の向上や経済自立支援に充当されています。
 これらの寄付金等はチャリティー基金として積み立てられ、概ね2年に1回、支援内容を検討する委員会「ハンセン病制圧ボートレースチャリティー基金委員会」を開催して使途を決定しています。
 以下、支援内容等は委員会資料等から抜粋したものを掲載しました。
 なお、「ボートレースチャリティー基金委員会」委員名簿は次のとおりです。