ホーム > 選手会について > 会長挨拶
選手会について
会長挨拶
公益社団法人 日本モーターボート選手会 会長 上瀧 和則
 日頃よりボートレースへのご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
 私ども、日本モーターボート選手会は、プロボートレーサーの団体として昭和35年10月に現・国土交通省より「社団法人」の認可を受け、以来53年余りの間、パブリック・サービスとしてのモーターボートレースを通じたスポーツの発展に寄与してまいりました。
 平成25年4月1日より、行政庁の認定を受けまして『公益社団法人 日本モーターボート選手会』に革新し、公益法人として、また、プロアスリートの団体として、より一層の社会貢献活動に取り組んでおります。
 ボートレースを通じたスポーツの発展は元より、親水による国民への海事思想の普及宣伝、また、ボートレース業界が一丸となり取り組んでいるハンセン病制圧事業支援や東日本大震災被災地における復興支援活動を行っているほか、各地区においては、選手による地元社会福祉施設等への慰問や地域行事へのボランティアスタッフ参加等、積極的に取り組んでおり、国内外において様々な社会貢献活動を継続し、行っております。
 加えて、私どもの本分であるレースにおきましては、公正安全なレース、そしてお客様を魅了するような、迫力あるレースを皆様に提供すべく、全力で取り組んでまいりますので、是非ともレース場へ足を運んでいただき、選手へご声援を送っていただきますようお願い申し上げます。
 最後に、当ホームページにおいて、当会の事業活動を紹介しておりますので、ご覧いただければ幸甚に存じます。
略歴
選手登録 昭和62年4月登録第3307号として選手登録
役員経歴 平成15年3月から平成17年3月 選手会理事
平成17年3月から平成21年3月 選手会監事
平成23年3月から選手会副会長
平成24年6月から選手会会長