ホーム > 社会貢献活動 > 恒例の年末施設慰問について(2017)
社会貢献活動
恒例の年末施設慰問について(2017)
 毎年恒例の施設慰問や歳末助け合い運動が各支部で行われ、支部長をはじめ選手たちが施設を訪問し、プレゼントを贈ったほか、市区町村等へ寄付を行いました。
[群馬支部]
 12月19日、群馬支部所属の選手7名がみどり市内および桐生市内の養護施設、計9ヵ所を訪問し、サンタクロースに扮した選手たちが約700名の子供たちへお菓子やぬいぐるみをプレゼントしました。
[東京支部]
 12月3日、山田竜一支部長をはじめ選手14名が、ボートレース平和島・大森選手宿舎前庭において、平和島周辺地域住民の方との親睦を目的に餅つき大会を開催し、お餅を振る舞ったほか、周辺地域の子供たちに、お菓子の詰合せ250個をプレゼントしました。
 また、同月16日、同支部長が江戸川区役所を訪問し、例年同様に江戸川区学童保育の子供たちの雨天時の交通安全を願い、学童用雨傘250本を寄贈しました。
[静岡支部]
 12月6日、静岡支部所属選手7名が新居幼稚園を訪問し「おたのしみ会」に参加し、サンタクロースやトナカイに扮した選手達が園児全員にクリスマスプレゼントとしてお菓子を贈りました。
 また、同月11日には選手8名が湖西市養護施設「浜名学園」を訪問し、施設利用者とともに餅つき会を開催しました。
[愛知支部]
 12月21日、愛知支部所属の選手4名が、蒲郡市内の「形原保育園」を訪問し、絵本の寄贈と読み聞かせを行った他、園児たちと園庭で遊ぶなど親睦を深めました。
[滋賀支部]
 12月22日、滋賀支部ヤング会の選手を中心に大津市内の児童養護施設「小鳩の家」を訪問し、児童たちと一緒に餅つきを行い、その後、着ぐるみを着た選手やサンタクロースに扮した選手達が児童たちで遊び、児童全員にクリスマスプレゼントとしてお菓子を贈りました。また、一輪車等の遊具を寄付しました。
[徳島支部]
 12月19日、近藤稔也支部長が、鳴門市内の社会福祉施設「草の実学園」を慰問し、支部員より募った寄付金を贈呈しました。
[福岡支部]
 12月22日、福岡支部所属選手5名が芦屋幼稚園を訪問し「クリスマス会」に参加し、サンタクロースやトナカイに扮した選手達が園児全員にクリスマスプレゼントとしてお菓子を贈った他、園児たちと園庭で遊ぶなど親睦を深めました。
[佐賀支部]
 12月26日、佐賀支部所属の選手たちは、唐津市内の児童養護施設「慈光園」を訪問し、児童たちと一緒に餅つき大会を行いました。この行事は同支部・同園において年末行事として定着しており、児童たちにおおきに喜ばれている。久しぶりの再会に和気あいあいとした一日となりました。