ホーム > 新着情報一覧(棚尾・日進おやじの会マリンフェスタ・ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会2012/勤労青少年水上スポーツセンター)
新着情報一覧
2012年10月4日
棚尾・日進おやじの会マリンフェスタ
ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会2012
勤労青少年水上スポーツセンター
棚尾・日進おやじの会マリンフェスタ
 9月9日本会の勤労青少年水上スポーツセンターにおいて「棚尾・日進おやじの会マリンフェスタ」が開催されました。
 同フェスタは普段は見ることの出来ない水面からの景色を眺めながら油ヶ淵に親しみ、水の大切さに関心を深め、親子でふれあいができる機会を作ることを目的に毎年実施されております。
 碧南海浜水族館職員による愛知県を流れる矢作川の環境発表会が行われたほか、各おやじの会の皆さんによるライフジャケット着用方法の説明や、ボート乗り体験が実施され、参加者68名(大人41名、子供27名)は身近にある水生生物の生態や自然環境について理解を深めるとともに、水上でのアクティビティを満喫しました。

■主催:棚尾おやじの会、日進おやじの会
■共催:本会
■協力:西端おやじの会
※「おやじの会」とは碧南市の各小学校区で父親により結成されている地域団体です。
ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会2012
 8月24日~26日の3日間(レース開催は25日・26日)、本会の勤労青少年水上スポーツセンターにおいて「ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会2012」が開催され、両日合わせてレース参加者182名、観客460名(主催者発表)が参加しました。
 同大会を通じて得られた諸知識はクリーンエネルギーの利用技術を探るとともに、環境問題改善の取組みにも活用されます。
 25日にはショートレース予選ラウンド(100m)、ショートレース決勝ラウンド(200m)及び技術懇談会、ウェルカムパーティが、翌26日には1周スラロームレース、30分耐久周回レース、1時間耐久レース及び表彰式が行われました。
天候にも恵まれ、3日間トラブルや事故もなく同大会は無事に閉会しました。

■主催:日本ソーラー・人力ボート協会
■後援:国土交通省、経済産業省、文部科学省、環境省
■共催:(公財)マリンスポーツ財団、本会